読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虎日記

ちょっとずつ更新

家に関する特集って読んだらハマっちゃうよね、Houzzとか

雑記

ご無沙汰というかなんというか。これは違うあれも違うとか思いながら曲を作ったり絵を描いて練習したりしていたけど、肝心の就職関連は1社にだけエントリーシートを送って返答待ちという体たらく。都内で働きたいとか思ってたけど本当にできるのだろうか。

とか言いつつ近い将来始めると思われる一人暮らしに思いを馳せると、やっぱり間取りとか部屋の構成とか考えてしまうわけで。そんな中、家の収納とかデザインに関する記事を読むと自分はこうしたいなあと思いつつ読み進めてしまうのである。

 

例えばこれとか。

ライフハッカーなどを読んでいてもそうなのだが、こういうアイデア集を写真付きで見るのって本当に自分の刺激になる感じがしてとても良い。好きな人はとことんはまるいわば沼である。

 

とはいえ現実は

そうもいかないもので、このケーブル配線するのにいくらかかるとか、こういう机を作るとやっぱりこれくらいかかるよねえとかそういうお金関連の話にはなるものである。避けては通れない道なのでもうどれだけ楽しんで投資ができるかという地点に来ているのだろうと考えられる。

 

パソコン、デスク周りから始めるのがお手軽なのかも

部屋全体を考えるのとは違って一箇所に集中したものなので入りやすい。つまりパソコン、デスク周りでなくてもいいのだがこの他のものが結構思いつかなかったのでこう書いただけである。

パソコンとなると今の時代はノートパソコンの人はおいておいて、デスクトップパソコンを使用している人としてはモニターを置いてキーボード、マウスを置いてとなるとスペースを取られがち。そこで便利なのが机上台である。

 

リヒトラブ  机上台 TEFFA  A7332-24 黒

リヒトラブ 机上台 TEFFA A7332-24 黒

 

 

これがあるだけで台の下にスペースができるのでキーボード、マウスを収納できて非常に便利である。マウスパッドが固定の場合はマウスを出しっぱなしにすることがあるだろうが、キーボードを収納出来るだけでスペースをある程度確保できるのでそこまで気にならなくなると思う。

この机上台の便利なところは、モニターの他に立てかけカレンダーやポストイットなど頻繁に使うものも置けるところにあり、実際自分はペンタブ、スマートフォン、カレンダーや付箋を置いていて非常に助かっている。

 

本当は就職してからやろうとしていた

就職、さらには一人暮らしを考えていたので当然ながら住まいを移すことになるので、机等大きなものは就職してから買おうと考えていたのだが、去年末に小学生から使っていた学習机がとうとう目も当てられないレベルになっていたので結局購入することに。

結果として、もっと早くに机を買っておくべきだったと感じられた。前に使っていた机が悪いとかではなく、今の机とはあと数ヶ月で別れることになるんだと思うと残念で仕方ないのである。机は組み立てても解体するのは容易だが、そのパーツの大きさの都合上、運ぶことが非常に困難となる。そのため面倒くさがり屋の自分としては一人暮らしの際には机を買い直そうかと考えている。財政的に厳しいようなら持って行ってもいいのだが今のところそれは考えていない。

それと、今のこの机は今自分がいるこの部屋のこの場所にあるからこそ実力を発揮していると考えているので、新居に合うかどうかも心配である。

こうして家のことを考えると話題は結構尽きないもので、結果としてこの記事の最初に出した特集を読みふけるという事態になるのである。

読むのは楽しいんだけどね。就活ちゃんとしないとね。

欲しいものを安く買いたいなら言語的なとこはちょっとがんばれ

日本だと主に通販とかはアマゾンだよなあと思いつつ、ebayで安く買えたりしないかなって思いながらここ数週間パンツを探してた。普段履きってわけではないがたまにはこういうのを穿きたいという衝動に駆られ2枚のパンツと1枚の上下一体のスポーツウェアを購入。合計で2,000円くらい、しかも送料無料。

普通にアマゾンとかで買ったら4,000円とかそれ以上行くものだとは思うのだが、ebayでは割と同じものが違う値段で出ていることもあるので比較して安く手に入れることができる。

 

言語の壁

日本人は、というよりどこの国に行ってもそうだとは思うが、できることなら自分の言語で商品を取り扱ってるところで買う方がやはり言語的なところで助かるというもの。正直自分もそうなのだが、どうしても安く手に入れたいと思ってgoogle検索をかけてみるとだいたいが英語圏のサイトに行き着くようになっている。

実はウェットスーツみたいなのも欲しいなあとebayを見ていて思ったが、アマゾンにも似たものがあった。しかしながら値段はebayで見たものの2倍。もちろんそれだけ保証、質の面でメリットはあると思うが、それよりもそういったものは着用回数自体がそこまで多くなるようなものでもない(少なくとも自分の場合)ので、どうしても安い値段で手に入れようと思うのである。だが他の人となると割とそういうわけでもないらしい。

 

欲しいけど日本のところで買うとちょっと高い、と思うならちょっと頑張れ

自分の場合は英語が好きで大学で英文を読んだりしているが、他の人となると皆が皆そういうわけではないのでどうしても言語的に壁が生まれる。別に自分が特別と言いたいわけではないが、どうも言語的な面で躊躇する人は一定数いるらしい。

しかも英語が読める読めないに関わらずそういった傾向の人もいるようだが、どうしても欲しいものがあって、でも高い。とはいえ通販に関するところ、自分が必要としている箇所、そういったところだけ読めるだけでもだいぶ楽になるので、言語の関係で足踏みするならもうちょっとがんばってほしい。英語が使われているならgoogle翻訳でもエキサイトでもいいから訳してそれを覚えるくらいはしてみよう。

 

とはいえebayはあくまでオークションサイトなので、ヤフオクとかで安く買えそうならそこで買ってしまえばいいだけの話である。使い心地としてはebayヤフオクその他日本のオークションサイトもそこまで大差ない。強いて言うならebaypaypalが使えるので割と安全に利用できるといったくらいか。

 

eBay - Wikipedia

 

2016.02.21(思ったこと)

机を変えてから初の投稿。天板の四隅を突っ張り棒で支える生活からようやく開放された。しかも今回の机は棚付き、上下に収納ができるのでかなりすっきりすると思いきやそもそも物が多すぎたので結局大して変わらず。

あと結局ワイヤレスキーボード&マウスのセットの話をブログに書いてないのでいい加減書いてしまおうと思った。あと机に関しても。

ここから以下の話はツイッターを見ていて思ったことを綴ったものになる。今回は創作する人とそのアカウントの画像に関して。

 

創作する人のツイッター

ツイッターを見る際、割と創作する人は焼き肉とかソーシャルゲームの画像が多いみたいな話を聞く人は多いのではないかと思う。アマチュアの人だけでなくプロの人でさえそういった画像ばかり上げる人は多いなあという印象を受ける。

今回こういう話をしたのは特にそういう人々がサボりすぎということを言いたかったわけではないのでそこはハッキリさせておきたい。むしろそうした人々は創作をする量が多いからこそあの画像群になるのだという話をしたいと思う。この文だけで結論が出てしまった。

とはいえここで終わるのもしょうがないので、とりあえず詳細だけでも。皆ご存知の通り、創作とは大量のエネルギーを消費するものである。大量のエネルギーを消費して見て欲しいといって上げる人もいれば、いいものができたからレーベルや企業に送ってみようという人などいてもちろん千差万別である。エネルギーの補給源として最も早く簡単なものといえば食べ物である。創作をしておなかがすいたら美味しいケーキを買ったりファミレスに行ってご飯を食べたり何かしら自分へのご褒美として食べ物を食べる人は多いのではないだろうか。身体的なエネルギーだけでなく精神的なエネルギーの補給としては、例えば他のイラストレーターの絵を見たり、他のアーティストの楽曲を聴いたり。両者は共にちょっと落ち込む人もいるとは思うが少なからず自分の次へ進むための活力とする人が多いのも事実。他の補給方法としてはソーシャルゲームで自分の好きなキャラを見たりレアキャラを引いたり。

以上のような方法でエネルギー補給をした結果として、食べ物やソーシャルゲームの画像など創作する人と直接の関係がない画像が多く出てくるのではないかと自分は結論づけた。

下手な人があまり多く創作しないからとかいう問題ではなく、創作する力が大きくなればなる分だけ必要なエネルギー量は増えるし画像もそれに関連したものが増えるのは当然のことではないかと思う。なのでツイッターでそうした話題に言及する人はその可能性について意識してみると良いのではないだろうか。

 

2016.02.08(お風呂と自分の部屋で考えたこと)

日記

もう日付は超えちゃってるけど寝るまでその日ということで。

 

そろそろ書きたい時に書こうって感じになってきたのでそれはいいとして、更新の頻度はちょっと上げようとは思っている。

で、ふと今日(というか昨日だけど)思ったことをひとつ。

 

大丈夫か少女たち

ご存知の方は結構少ないと思うのでまず前提の話として、自分は塾で中学生を中心に指導していてつい先週の木金で私立高校の入試が終わったという話をしておく。

これを踏まえた上で気になったことをちゃんと書いておこうと思う。対策を見つけたいことが目的ではないが書いておいて後に見た時に対策がふと思い浮かぶくらいにしておきたい。

近年、というかだいぶ前からではあると思うが最近中学生でも腐女子ということを包み隠さずに公表する子というものはいる。もちろん腐男子もいるのだが(自分自身中学生当時からそうだった)腐女子の方がかなり目立っているので今回は腐女子の話を。

腐女子の子たち、それはまあ普通にこのカプ良い!とかこれこれ良いから観てとか読んでとか。ある程度隠して生きていく必要があった自分の時代からすると、かなり生きやすいし優しい世界になったなと思っている。もちろん声を大にしすぎるのも考えもので、ある程度は抑える必要はあるがそれは今回の話とちょっとズレるので省いておく。

腐女子であることは悪いことではなく、ぜひとも応援をしたいところではあるのだが、いささか成績が本当に悪い子が多いなという印象を受ける。もちろん腐女子でない普通の子たちでもヤバイなと思う子は多いのだが、その子たちは自分で今自分がヤバイところにいるっていう事実をしっかり認識できるので、成績を改善できる子が多い。しかしながら主に腐女子の子たちは現実逃避としてカプとかいろんなところへ逃げる術に長けているので、自らがヤバイということに気づかず(あるいは意図的に避けて)成績を改善できないことが多い。

なんとか高校受験をしてなんとか受かるかな?ってところまで一応持って行けたようだが、合格してからでももちろん成績に関する問題は彼女らに付きまとうことは間違いないなあと見ていて思う。そもそも行ければ高校はどこでもいいやはかなりまずいぞ少女たち。君たちの選択で自らの推すカップルや漫画、アニメを応援できるかできないかが決まってくるんだから現実の事もしっかり認識してくれ。

 

自分自身、腐男子だと思っていて、腐女子の子たちと比べると控えめではあったが結構現実逃避をしていた。現実逃避が長い間続いた結果、大学が卒業できるか、更には就職できるかのところに立たされているので現実のことに関してしっかり考えることは必要である。

この問題は腐女子腐男子に関わらず現実をしっかり認識しようとしないすべての子に関わる問題なので、指導する側としてはまず認識させる援助をさせてあげたいところ。

誰かこの記事を見てたら何らかの援助ができないか教えてもらえると幸いである。

 

生きて

めちゃくちゃ重い見出しだなと思ったけど他に浮かぶものがないのでこれで。中身はそこまで重くない。

昨日の晩、もしくは一昨日の晩かな、創作を一日しなかったのでゆっくりして寝ようと思いつつツイッターを見ていると、絵をまったく描いていなかった人が描いているどころかその絵が上手いのである。本人曰くちゃんと資料見て何回も描けばいけるとは言っていたのだが、一瞬にして心が折れた気がした。もちろんその人が悪いわけではなくむしろ不屈の心で素晴らしいとさえ思ったのだが、結構くるものがあったのかわからないが自分は創作を辞めかけた。

音楽を作り、最近は絵やデザインの練習をしている。デザインに関しては就職に関することなので辞められないし辞めたくはないのだが、音楽と絵に関しては完全に趣味である。音楽に関しては何回も挫折を繰り返し(今も繰り返して)、なんとかまた作ろうという気になれるのだが、自分はどうも絵を描くときは音楽の時の気持ちを持ってきてしまうようで。それが原因で絵が描けないときはだいたい創作をやめようか考えるようになった。これの対策は見つけられたらいいのだが、恐らく一生付きまとう問題であり対策は見出しようがないだろうと思うのでここに書き記すだけに留めておこうと考えた。

現在読んでいる本でちょっと元気が出たのだが、承認欲求は他人のため生きる人生を作ってしまうためこの哲学では否定する、といった内容で結構気が楽になった。とは言いつつもやはり見て欲しいことに変わりはないしこれからも承認欲求は大なり小なりついてくるので、まずは創作を辞めなくてもいいんだという気持ちを持つことから始められたらいいのになと思う。創作がなくなったら自分は死体であることに変わりがないという考えに至ったのでなんとかして生きたい。まだ生きたい。あわよくば12か13歳くらいに戻りたい。

 

ここまで書いて思い出したのだが、ここまで悲しい感情が浮かぶようになったのは小学生高学年か中学生に曾祖母が亡くなってからのことだということにも今日は気づくことができた。事実そうだったかどうかわからないが、そこから生きることと死ぬことについて考えるようになったと思う。

死にたいと思うことはあれどなんだかんだ言って生きていくのだろうなと今のところは思っている。

 

2016.01.26/テスト期間開始

テスト期間開始とは言ったものの月曜には既に始まっていたのでブログとしては一日遅いテスト初めと言える。ここ2週間本当に気温が低くなりめちゃくちゃ遅い冬本番のような感覚である。

そんな中テスト期間が始まり、早速単位が危うい授業が出てきた。ヤマを張っていたところがことごとく出てこないとは予想できなかった・・・。英語学の授業なのだが、テキスト、ハンドアウトで予想していたところがほとんど出ず、なんとか頭をひねって書いたものの後に自己採点してみると本当にひどい出来である。中間テストはあったがそれも簡単と言われていたにも関わらず点が取れず底辺の辺りだったので今のところ単位を一つ落とすのだろうなと考えている。

 

有意義にお給料を使おう

と、決めて早速新しい靴、欲しかった同人誌を注文。買おうと思って在庫切れだった漫画本を買った。ちなみに最後のはポプテピピックである。秋葉原アニメイトで「ポプテピピックありますか?」と聴いたら「竹書房のですか?」と聞かれた。まさか出版社を聞いてくるとは。

ポプテピピックは本当にぶっ飛びすぎていて何が起こっているのかわからなかった。あとひっそりとJASRACに許可を取ったコマがあるのは笑った。帯、時折挟まれるリアルな写真などまさしくなんでもありである。突然暴力的になったかと思えばいきなりやさしくなったりして一回読んだらしばらくおなかいっぱいになる漫画であった。

 

大学が今週で終わるので定期をしばらく更新しないで済む。そこでがっつり働いて貯金ができればいいのだが、今年は机を買ったりPC用貯金をしたり免許にお金を出したりと貯金する暇がなさそうである。こういうことになる度大学一年生からちゃんと貯めておけばよかったと後悔するのだがそれも後の祭り。とりあえず就活も始まるので今は今できることを終わらせてできるだけ温存しながらやっていこうと考えている。

 

そういえばインターンシップのエントリーをした

重い腰を上げて(というよりようやく日程が固まったので)初めてインターンシップにエントリーした。今はまだ軽い自己PRを送って返事待ちなのだが、もし決まれば2月3月と連続して東京に向かうことになる。実際1月から2月頭までいて3月にまた東京に来るという予定になりそうだ。

地元の企業説明会はとりあえず自分の最寄りのところに参加するとして、やりたいことがだんだん固まってきたような気がする。気がするってだけなので実際のところは何もかもフワフワした状態だと思われるが。職種もなんとか方向性がわかってきたので就活が始まったら早めに決めてしまいたいところ。四年生になっても授業はあるし。

 

ところで年始に秋葉原ツクモマイクロソフト製のワイヤレスキーボード&マウスのセットを買ったのだがこれがかなり便利である。紹介はまた次の記事で。多分土曜日とかになるかな。

 

 

ポプテピピック (バンブーコミックス WINセレクション)

ポプテピピック (バンブーコミックス WINセレクション)

 

 どうもKindle版もあるらしい。そっちを買おうか悩んで結局書籍版を。

 

 

 実はこれ、唯一の欠点としてBackspaceキーとInsertキーとの隙間がないのでブラインドタッチ時に本当によく間違える。次に買う時はここが離れているものを買いたいところ。

 

Road of Resistance

Road of Resistance

  • BABYMETAL
  • メタル
  • ¥250

 そういえばこれも年始に買ったんだった、しかもリリース日は2015年の1月。まさしく1年越しでの購入である。GoogleのCMで知ったのだが本当に素晴らしいメタルだったので一回だけでも聴いて欲しい。