読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虎日記

ちょっとずつ更新

2015.12.14

日記

月曜日になり普段通りに一週間が始まったはずで、もちろん授業もあった。が、自分自身授業に出ていないのだ。3時限目からなのでそれなりに余裕のある時間に出られたはずなのだが、布団からは出られず一人用のホットカーペットの上で寝て起きたらもう昼の12時。

結局今日は夜のバイトの時間まで家にこもりっきりでゲームをしたり映画を見たりして過ごすだけで終わった。

 

アマゾンプライム(Student)にいつの間にか入っていた

いやまあ心当たりはあるんだけど。アマゾンプライムの学生版に入れば送料無料になるよ!と言われたのでそれじゃあと思い入ったところまでは覚えている。何を買った時だったのかはあまり覚えていないが。で、最近アマゾンプライム会員の特典が良いものばかりで話題になっている。プライムミュージックとプライムビデオだ。

 

プライム系列のサービス

実際にミュージックもビデオも使ってみた。ミュージックに関しては聴きたいものはだいたい聞けるしこれで年間3900円なら安いなとも思えたが、音質に関しては音量がでかい小さいの関係なのかわからないが割と敬遠している。悪いわけではないが、beatportで買ったのを聴くと音質が違うのでは?と思うことがたまにある。違いはないのかもしれないがちょっと気になるしそれにbeatportで買った曲はレーベルごとにフォルダ分けするように出来てるので、今の自分としては音楽面ではbeatportに采配が上がる。

一方ビデオの方。実はプライム会員でも無料で見られない映画もいくつかあるようで、「華氏451」もその一つである。これに関してのみ言えば、Netflixを利用するほうが確実に映画、ドラマなどを見ることができるので今ひとつパッとしないと思っている。しかし販売から配信までの流れは圧倒的にプライムビデオの方が早いとも言うことができる。海外ドラマなどに関しては今年出たものでも見ることができるものが多いNetflixだが、映画に関しては1年越しに配信なんてこともザラである。そこに関してはプライムビデオを良い評価にしたい。

 

まだちょっと惜しいところ

ミュージックもビデオもまだ惜しいところはあるが、自分が今使っている他のサービスにないものが配信されていてさらに年間で3900円(学生版は1900円?)なのは十二分に良いのではないだろうか。年間費を払って見られそうなものを見たり聴けそうなものを聴くか、月額費を払って見たいものを見て聴きたいものを聴くか、人によってどっちをとるかは様々だが利用するサービスはだいたい試用期間があるのでそれで比較してから選ぶのが最善のやり方だろう。

ちなみに、今日早速プライムビデオで見たのは「ロボコップ(2014)」だった。

 

ロボコップ (字幕版)

ロボコップ (字幕版)