虎日記

ちょっとずつ更新

同じ年齢という事実って意外と大事

1年近く書いてなかったと思ったら割とそうでもなかったらしい。最後に書いたのが1月末ということで八ヶ月近く経った今、自分はどういう生活をしてるのかというと新卒で入った会社を一ヶ月そこらで辞め、就活が上手くいかないながらなんとか派遣社員としてオフィスワークの仕事に就くことができた。とりあえずある程度の収入を得られる状況になってよかった・・・

これから就活する人も就活が控えてる人もこれだけは意識してほしいのだが、自分から主体的にちゃんと仕事しようって思えない方面に行くのは絶対にやめたほうがいい。あと自己分析を徹底的にやれとは言わないが、自分が仕事として何をしたいのかという問いに対する答えは必ず持っておいたほうがいい。

 

同い年であるという事実

とりあえず就活とかの話はまたいずれかのタイミングで書くとして、今回タイトルにも書いてた内容。お風呂に入ってる時に思い浮かんだ話ではあるが、話の長さ的にツイッターだとちょっと長くなってしまうのでブログで書くことに。

 

まずこれを見てほしい

 

あとこれも

 

そしてこれも

 

Madeonと削除は23歳、Oliver Heldensは22歳と、1994年4月から1995年3月までの間に生まれており、ほとんど同い年と言える。22もしくは23で驚異的な技術やスキル、知識を持ち楽曲を作り続けている。自分も1994年11月生まれであり、楽曲を作るというところまでは同じであるものの、彼らには到底及ばずである。決して卑屈になっているわけではないのだが、この同い年という事実は意外とモチベーションを維持する上で大切なのではないかと考えた。

 

年上や年下の人達

年上や年下の人たちの楽曲ももちろん非常に高いクオリティを備えたものが多く、聞くたびこの人たちと並べるくらいになりたいと思うことは多々ある。しかし、同い年の人たちとは違うのだ。それは決してネガティブな意味ではなく。同い年の人達とそれ以外の人たち、それぞれがもたらす影響やら何やらは互いに違うと感じるのである。

上手くは言えないし、年齢のせいにしてもいけないのだが、これが意外と大事なのではないかということを感じている。モチベーションの維持は大事であるがずっと維持できるほど気持ちが強いわけでもないのである。年齢が違うとこの人たちにはかなわないんだという気持ちは出てくることはあるものである。

そこで同い年の人々のことを考えた時、その気持ちが変わってくるのである。自分と同い年の人々もこんなにいいものを作って頑張ってるんだと気持ちを切り替えるきっかけにできるのだ。その切り替わりは本当に大切なものなのだと最近考え始めた。そうしてまた制作をしようと考えることができるようになる。そうして反省して改善して成長を重ねていくのがいろいろと上手くいく方法なんだと気づいた。

 

もちろん音楽だけではない

最近絵を練習したり筋トレをしたりしているが、やはり同い年の存在は大切だと感じる。でも同い年の人だけでも良くないのだ。そのバランスって取るのは難しいし本当は取ってはいけないものなんだとも思う。何事も落ち込むだけで何も行動しないのは良くないし先にも進めない。

 

 

自分はそれをわかっているはずだがなかなか行動を起こすまでに時間がかかっている。もっと楽しい気持ちで音楽も絵も筋トレもやりたい。

手帳を使うなら基本を知るところから - #これ読んだ

 

 

 (紙媒体)

会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン

会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン

 

 

(Kindle)

 年を越して就職も(多分)近いし本はちょっとでも読んでおこうと思ったので、新宿の駅改札内にあるBOOK EXPRESSに立ち寄ったところこんな本が。

手帳は使うもののイマイチどう使うべきなのか不明なまま1年を終えて役目を終えてしまうということがあった。そこでこの本が出て来たことでなんらかのヒントになると考え思い切って購入、地元に戻ってからしばらくして読んでみたらこれから手帳が十分に役目を発揮できる基本が書いてあった。

 

 

予定が比較的少ない学生でも一読して損がない

会社では教えてもらえないということで、ちゃんと学生でも手帳・メモの基本を学ぶことができる本となっている。社会人に比べて学生は手帳に予定を書くことが少ないようで、自分の周りでもだいたいの人が手帳は毎年買うけど予定がそもそも少なくてあっても書かないみたいな人が多かった。もったいないけどすごくわかる。

ただそれもこの本を読んでから手帳を使う機会が非常に多くなったため、手帳の利便性を十分に実感することとなった。割とステマみたいな感じもするが特に著者等と関係があるわけではない。

実際読んでみると、本当に手帳はまずどのような形式のものを買って、こうして予定を入れて、時間単位で管理すればスキマにできた時間を有効活用することもできる、というようにまるで手取り足取り教えるコンストラクターのような役割をこの本は担ってくれた。ここまで丁寧に基本を教えてくれている本は(このジャンルの本を読むことが少ないからかもしれないが)なかなかないのではないだろうか。

 

今持ってる手帳でちゃんと事足りるかどうかも見極めたい

2015年からさすがに紙媒体で手帳は持っておこうと思い買っていたものの、結局予定があってもスマホで入力するか覚えておいて結局忘れるかのどちらかみたいなこともあったりしたし、ちゃんと管理はできても付箋に書いてPCのモニターに貼るとかしていたので結局手帳を使う機会がなかった。

上記で書いたとおり、この本を読んだ後かなり手帳に書くことが多くなった。大学の卒業が目の前だというのに就活が未だに終わらないということも拍車をかけているが、それを抜きにしても覚えておくより書いておくだけでいいのが本当に楽になれる。ただそこで懸念されるのが手帳のスペースである。大きさは別に指定はないがある程度大きければそれでいい。ただ書くスペースばかりは入れるべき予定・事項もちゃんと入るスペースがない限り手帳の役割は十分に発揮されないと本書で書いてある。

抜粋して書くとすれば、

1日の予定が3件以上あるなら、毎週の予定を俯瞰できるウィークリータイプの手帳を使ってほしいのです。

-会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン(伊庭正康 著)

こんな風にかなり細かいところまで手帳をどう使うのか、更にはどういったものを変えばいいのかなどが書いてある。手帳の基本って意外と学ぶ機会が少ないのでこういった書籍は非常に嬉しい。

 

記憶に頼りすぎない確実な手段が記録であり、手帳への記入である

自分の記憶についてもそうだし、他人の記憶をあてにして言った言ってないの争いになるより確実なものが記録であるという考えのもとで手帳の基本を書いている本書だが、実際その通りで、学生も若いとはいえ記憶はいずれ衰え、聞いたはずのことをちゃんと覚えていないことが多い。伝言ゲームとかがまさにその例であると感じている。そこで頼りになるのはどうしても記録であるし、その記録が手帳に書いてあれば無駄に思い出そうと時間を無駄にすることもない。自分自身は時間を一刻も無駄にしたくない、といったような極端な考え方はしていないが、できることなら思い出す時間より何かをする時間を大切にしたいものである。そこで重要になるのが記録であるという考えに非常に共感したし、何より記録してちゃんとその通りに仕事をしたりやることをやったときの達成感は良いものであると思えることが多かった。

大事なことはしっかり記録をした上で忘れる分にはなんの問題もなく、後で思い出せばいいだけの話である。という本書の考え方はいろんな人が持っていると自身の生活もしやすくなるのではないかと確信したし、何より仕事だけでなくやろうと思っていたことを整理してスムーズに進めることも可能なのではないかと感じた。この感想で興味を持った人はぜひとも読んでみてほしい。

 

 

余:規模の小さいところで探すほうがいい場合もある

今回紹介したこの本、冒頭で話した通り新宿JR改札内にあるBook Expressにて購入したものである。かなり小さい書店で、KIOSKほどの規模だろうか、こういった書籍だけでなく漫画、雑誌等もあった。ごちゃ混ぜというほどでもないがかなり狭い中でこれだけのジャンルがありながら今回この本を見つけるに至った理由は非常に簡単なもので、小さい店内だからこそ一冊一冊に目が行きやすいからというものである。

規模の大きな書店は、読書初心者の自分としてはふと立ち寄って読みたくなるような本に出会うにはいささか大きすぎたような気がした。そこでふと立ち寄ったのがまさにBook Expressでその予想は大きく当たっていた。今こうして本の感想を書いているのも実際に出会って読んで共感したものだったのがあるため、またこういう感想記事を書ければと考えている。一応そのためにも #これ読んだ というハッシュタグ式のタイトルをつけた。

 

Spotifyやってるしプレイリストを公開してみる pt.1

Spotifyというサービスが始まってはや4ヶ月近くが経とうとしている。周りで始める人がめちゃくちゃ増える、と思いきやそもそもどういうサービスなんだ?みたいな方が結構いらっしゃるという話もチラホラ聴くので一応ざっくり説明するなら、Apple MusicやLINE MUSIC、AWAとかみたいな音楽ストリーミングサービスである。という感じ。挙げたサービスも知らないとなるとちょっと説明するには難しくなるとは思うが、課金とか広告ありでいろんな音楽が聴けるサービスと言えば多分どういうものかというところはわかってもらえるかも。

実はそんなSpotifyではユーザーもプレイリストが作れる。

Apple Musicとかでも割と作れるものだが、ユーザーはキュレーターによるものだけでなく、他ユーザーが作ったプレイリストも見つけやすくなっている。例えばRockで調べても公式キュレーター、一般ユーザーに関わらず検索結果に表示されるようになっている。他サービスはちょっとそのあたりがわかりにくいかなといった印象があるのでこれはありがたい。音楽の旅を、というコンセプトを掲げるSpotifyのこの使い心地は楽しいと感じる人は多いのではないかと思う。

そこでサービス開始から使っている自分も作ってみることに。そして作るだけだと味気ない感じもするしカバー画像作ったりプレイリストの説明も作ってみようということで作ってみた。

 

[Playlist]The City

f:id:naivedog:20170125013729j:plain

そしてこの画像、Spotifyで作ったプレイリストで初めてつけたカバーの画像である。その名も"The City"。街を探索したり歩いたりするときに楽しめる音楽を、というコンセプトで日々楽曲を追加、更新しているプレイリスト。とにかくいろんな楽曲をバンバン放り込むからもう200曲近くに。自分の作ったプレイリストで最多の楽曲数を誇る。

 

街は絶えず変化し、自分にも嬉しいことがあれば悲しいこともある。どんなときでもこのプレイリストと共に街の中を動いていくことで日々の原動力となれれば、という思いもあってこのプレイリストには喜怒哀楽、様々な感情を込めている。

 

[Playlist]the ONES i REALLY DANCE

f:id:naivedog:20170125015327j:plain

打って変わってこちらのプレイリストは自分がヘドバンしたり動きまくったり、とにかく踊りたくなると思った楽曲を積極的に追加しているプレイリスト。このプレイリスト内の楽曲で踊りたくなるという思いが生まれてくる人とは少なからず共通する何かがあると思う。

 

最近どうしてもこういうリズムにのるとヘドバンをするという変なクセがつくようになったもののこういうプレイリストは作っていて本当に楽しいと思う。こちらも100曲以上とかなりの楽曲数を誇っているのでぜひとも聴いてみてほしい。

 

 

プレイリストを作る楽しさ

音楽が好きで自分の好きな楽曲は他の人にも共有したい。でも今あるサービスだと満足に聴かせられないという人にとってSpotifyは最良の選択なのではないかと思う。PC/タブレットで再生時間制限(月60時間:記事公開時点)があるとはいえ、スマホではシャッフルプレイで広告が数曲ごとに流れるくらいで基本的に楽曲はフルで聴くことができる。この方式は日本版の正式サービス開始に合わせて決まったものだったがそれによって今まで聴くことのなかった楽曲を聴く機会が増え、つられて楽曲をiTunes Store等で買う機会も増えた。収益面での問題はまだまだ残る部分もあるが、Spotifyはそんな問題を徐々に解決していってくれるサービスなのかもしれない。

 

 

P.S. 実は自分の楽曲もあったりした

NaiveDogとTigerwallという名義で活動をしているのだが、なんと両方の名義で公開されている楽曲があった。せっかく楽曲を制作し発表もしているのでせっかくならと思いそれぞれの名義で出した楽曲をまとめたプレイリストも公開することにした。

近く、ホームページを制作することも決まっているのでこの2つのプレイリストはホームページでも公開予定。 

NaiveDog名義

f:id:naivedog:20170125015917j:plain

 

 

Tigerwall名義

f:id:naivedog:20170125020023j:plain

 

実はこのTigerwallのテキストロゴ、まだ練っている最中だったりするので変わる可能性があるかも。

 

スーパーカップ アップルカスタード味を食べてみた

f:id:naivedog:20170123010219j:image

 アイスが大好きということでいろんなアイスを食べたりするのだが、そういえば食べた感想ってちゃんとまとめたことないなって思ったので今回書いてみることに。

 

 

 中身はこんな感じ

f:id:naivedog:20170123010803j:image

カスタード味のアイスにリンゴの果肉に近いものが入っている感覚だった。実際食べてみると食感もリンゴの食感があったが、アイスの味はちょっと控えめだった。控えめだったがカスタード味としてしつこくない感じだったのもあり美味しかった。

 

 

原材料を見てみると

f:id:naivedog:20170123010806j:image

アイスの中に入っていたリンゴの粒らしきものがない。原材料名の中にりんごソースとあるがリンゴが実際に入っていたのかどうかはちょっと疑問が残るところである。もしかしたらリンゴ味の寒天とかだったのかもしれない。

アイスってどれだけ食べてもいろんな味があって食べきれることがないのだが、この味はまたもう一度食べたくなる味だったし、なんならレギュラーとして居座っていてほしいくらいである。もちろんバニラも大好きなのだが、バリエーションはもう一つくらいあってもいいような気もする。

 

おいしいものをちゃんとおいしいということって大切なのでは

と思ったので今回この記事を書くに至ったが、ちゃんと美味しいって書いて共有するって割と大切だし書いて悪いことはないと思ったのでアイスに限らず、こういう美味しいと思ったものは積極的に記事としてあげていこうと思う。

 

 

 

 

 

赤信号なんだけど

f:id:naivedog:20170115200609j:plain

ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/)より

 

年を越して最初のブログ更新になる。というか1ヶ月近く更新してなかったのだが書きたいものがなかったわけではなく書こうとしていたものはだいたい既に他の方が詳しく書いていたものだったりしたのでネタが切れていた。

今年も虎日記は日記らしく書きたいと思ったものを割と自由に書いていくものになる(予定)

 

 

歩行者の信号無視やばすぎるでしょう

年末年始はだいたい東京で過ごすのだが2016年は就活もあったし久々に地元でひっそりしていようかなと思っていたものの結局上京はしたし冬のコミックマーケットにも参戦してしまった。ちなみに買ったものはいつもより少なかった。ちなみに就活は未だに終わっていない。

といったように2016年の締めは楽しい思い出たくさんだったのだが、下宿先に向かうべく最寄りの駅へ歩いていると結構危険な感じの光景があった。まさに歩行者の信号無視である。東京の人やばすぎだろって思って最初は東京の人は信号無視する、ヤバイみたいなタイトルにしようと思ったのだが、振り返ってみると年末年始、地元から東京に帰ってきた/遊びに来た人もいるのでさすがに東京の人に申し訳なくなったため、今回のような記事のタイトルになった。

実は夏、主に8月にも上京することがあり(今年はしなかった)その時も信号無視する人が割といた。都会都会しているところで信号無視となるとそもそも横断歩道の幅が広くそうそう無視する人はいないのだが地域差なのだろうか、ちょっと駅から離れた横断歩道となると信号無視する人が途端に現れる。さすがにびっくりしたし信じられない光景だった。

 

自分は変わるのを待ってるのに他の人は普通に渡っていく

信号が変わるまで待つのはちょっとやだなって思うことはあるが、さすがに赤信号の真っ最中に渡ろうとするような酔狂ではないので東京でこういう人を見たときはドン引きしたというか、こっちは信号待ってるのにそれを横目に信号を無視して渡るとか無茶苦茶すぎない?って感じだった。

小学校、もしくは幼稚園の時点で赤信号のときは待ちましょうって話を聴いたはずの大人が普通に赤信号のときに横断歩道を渡っているのを見た時、こうやって普段やっちゃいけないことも普通にやるのかなって想像してしまった。本当はそこまで想像すると人格否定みたいになりかねないのであまりしないのだが、仕事帰りの人とかも普通に渡っていたりするのでそういう人は仕事できる人なのかと疑ってしまう。仕事がしっかりできるならちゃんとルールも守ろうな。できなくても守ろう。

 

 

書こうかどうするか割と迷った

読み手次第、というかどんな人にとってもこの記事は攻撃的なこと言ってる記事に読めるんじゃないかと思ってたので、実はこの記事の構想自体は年末に上京した時点で割と固まっていたのだが書いていいのか、もしくは書くべきか否かで結構迷った結果年始まで持ち越された。

第七条 道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。
罰則 第百十九条第一項第一号の二、同条第二項、第百二十一条第一項第一号)

道路交通法的にも横断歩道が赤のときは渡ってはいけないというルールはちゃんとあるし、何より突然車が飛び出してくるなんてことが起こる可能性は0ではないので気をつけてほしい。死にたくても死にたくなくても、ルールはルールなので守らないのは良くない。

当たり前すぎて誰も言うことがなくなったがこういうことは大事だと思ったためこの記事を書いた。